皮膚科

診察内容

皮膚科

赤ちゃんからお年寄りまでいろいろな皮膚病やアレルギーの治療を行っています。男性壮年性脱毛症のAGA治療も扱っています。

<湿疹・皮膚炎>

アトピー性皮膚炎、じんましんなど上手に付き合い悪化させないことが大切です。手あれ、頭皮湿疹、乾そう肌、あせも、かぶれ、虫さされ、しもやけなどひどくする前にまずご相談下さい。
かゆくてかかずにいられない、家にある薬をつけたけどなかなかよくならない、原因がはっきりしないなど要注意です。
放っておくと炎症の悪循環になってしまうこともあります。
治療期間を長引かせないためにも早期治療が大切です。
患者さんの御年齢、皮膚の部位、炎症の程度によって、ぬり薬やのみ薬の適切な使い分けが重要です。
治ったあとは正しいスキンケア習慣を続けていきましょう。
うおのめ、たこは削る処置なども行なっています。

<感染症>

にきび、とびひ、化膿したおできなど細菌による感染症です。抗生物質や必要に応じた処置も行ないます。水虫、いんきんたむし、カンジダ症はカビの一種による感染症です。
抗真菌薬のぬり薬を用いますが、爪水虫には飲み薬やクレナフィン外用液、ルコナック爪外用液が有効です。
市販の水虫薬をつけても良くならない方は、水虫ではないかも知れません。
顕微鏡での詳しい検査が必要です。

<ウイルス感染症>

帯状疱疹は体力が落ちた時に、体の片側に痛みを伴って発症します。早めにウイルスをおさえる飲み薬を始めないと、痛みなどの後遺症を残すこともあります。
いぼ(尋常性ゆうぜい)は、「うおのめ」とそっくりですが、放っておくと難治化してしまいます。
当院では治療期間短縮のため様々な治療を積極的に行なっています。
水いぼ(伝染性軟属腫)はお子様に多くみられますが、放置するとどんどん数がふえたり、プールに入れなくなります。
痛みをやわらげるテープを貼って摘除しております。


キズ、とげなど

包丁やケガなどの切り傷や、深いすり傷、とげなどの治療も行なっています。整形外科と連携して、縫合などの外科的処置にも対応しています。
外傷は初期の適切な処置が大切です。万が一のケガの時は、できるだけすぐ受診するようにおすすめしております。

やけど

熱湯や湯気、油はねなどのやけどや、カイロやあんかの低温やけどでは治療や重症度が違ってきます。また体の部位によっても違います。
すぐに冷やして受診して下さい。


犬や猫のかみ傷

表面が小さくても、思ったより深いことが特徴です。
深さや損傷の程度をよく確認しないと菌が入ることが多いため、よく洗ってから圧迫して受診して下さい。

まき爪

足の形や靴の選び方、爪の切り方で悪化することがあります。正しいケアでの予防が大切です。
形状記憶クリップによる矯正(保険外)や外科的処置も行なっています。


できもの、しこり

時々痛んだり、臭ったりするものは粉瘤(ふんりゅう)であることが多いです。状態によって膿を出したり、切除を行ないます。
手や足の小さなしこりはガングリオンであることが多いです。内容物を確認することで診断できます。
診察の結果、悪性が疑われるものは、早期に適切な医療機関にご紹介する連携をとっております。

自費診療について

美容

しみ、にきび、ほくろなど肌の基本ケアから高度な美容医療まで患者さん一人一人にあった適切な治療を行います。外用治療、ビタミン注射、プラセンタ注射など治療は幅広く、悩みを持つ多くの方に確かな治療を受けていただきたいという考えのもとに、安心明瞭な価格設定にしています。専門の医師なので安心して相談してください。


診療時間

皮膚科の診療時間

※は院長河原 徹が診療しております

休診日:日曜・水曜・祝祭日

受付は診療開始時刻の15分前より開始します。

担当医師 医師:水谷 三記子

担当医師 医師:水谷 三記子

  • 日本皮膚科学会会員
担当医師 医師:伊藤 算昭

担当医師 医師:伊藤 算昭

  • 日本皮膚科学会会員